IKU+(イクタス)

パパ・ママたちによる、毎日の育児に+[プラス]を与えるブログメディア「イクタス」

イクタスについて

編集長:まなしばより

私は1歳の娘を育てていて、もっとやりたいこと、強いて言えば「変えたい社会」が出てきました。

「もっと子育てしやすい社会にしたい」

そう思うようになりました。

核家族化が進む現代において、「社会みんなで子供を育てていく」、そんな感覚があれば、もっと子育てがしやすくなるんじゃないか。

子育てを「子育て世帯だけのもの」にせず、もっと身近なものにするべく、パパママにも、そうでない人の心をも動かしていきたい――

これをブログメディアという形で、私だけでなく色んなパパママたちの手で発信していきたいと思い、立ち上げたのがこちらのブログメディア「イクタス」。

どんなブログメディアなの?

パパママたちが主に発信者(書き手)となって、結婚、妊娠、出産、子育て、生き方など、悩みや想い、伝えたいことなどを自由に書いていくブログにしたいと思っています。

育児にプラス[+]を与えるメディア、それがイクタスです。

ほんと、現代は核家族で、兄弟も少ない、お隣さんとの会話も少ない、そんな状況で、

「結婚するってどんなことだろう」

ましてや

「子供を持つってどんなことだろう」

「子供の接し方がわからないから、自分が子供を欲しいのか欲しくないのかさえわからない」

そんな状況なんじゃないかと思っています。

大学を卒業して、企業に入り、そこそこ仕事が乗ってきたけれどここで出産で休みにはいる訳にはいかない・・・

そんな女性も多いんじゃないか―と。

そんな独身世帯に向けて、「子育てのリアル」を発信し、子育てをもっと身近に感じてもらいたい。

子育てって子育て世帯だけにクローズされていて、それはそれでいいこともありますが、それだけだと、子育て世帯の何が問題で、何が課題なのかわからない。

そうじゃない世帯の人たちからみれば、子供を持つことって、どんな世界なのか全然わからないと思うんですよ。

もっといえば、子育てして、何が楽しくてどんなメリットがあるのか、実態が掴めない現状があると思うんですね。

そこをわかりやすく、もっと広い範囲に発信して、社会全体に気付きを与えていきたいのです。

独身世帯だけでなく、専業主婦が当たり前だった上司たちにも

もちろんそれだけでは社会は変わらないと思っています。

今、女性の社会進出って言われていますよね。

これを促進するのが、女性のパートナーである、育児に積極的な男性、つまりイクメンの存在が鍵となっています。

イクメンが増えれば、家事育児の負担が女性だけにとどまらず、夫婦で一緒にやっていくことによって、女性の時間や精神的負担も軽減され、女性も社会進出できる――

そうかもしれません。

しかし、イクメンが増えてきたとはいうものの、それを応援する社会、たとえば育児を理由に会社を休むということを応援する上司、「イクボス」がもっと増えない限りは、この問題は解決しないと思うんですね。

「残業続きで早く家に帰れなくて、家事育児は妻に頼りっぱなし」

「二人目も生まれたし育休を取りたいけれど、会社で取っている人も少ないし、取れる雰囲気が全然ない」

そんなパパもたくさんいるのではないでしょうか。

そういうわけで、イクメン予備軍を応援する、会社の上司世代たちにも、この子育て世帯のリアルを届けていきたいのです。

イクタスが狙う社会―もっと子育てを応援する社会に

少子化は目に見えていた話で、もう確実に人口オーナス期、人口が減少する社会に日本はなりつつあります。

そんななかで、国力をあげて労働力を上げていくにはどうしたらいいのか。

そのひとつの解決策の中に、「女性が働く」ことが挙げられます。

50年前の日本は、高度経済成長期で「男性が働いて、女性が家庭を守る」が当然でしたが、今は給料も下がり、男性ひとりの稼ぎだけでは成り立たなくなってきた時代。

そこで女性も働くという解決策があるのですが、保育園の待機児童問題や核家族で子育てのしにくさの問題、さまざまな課題があります。

それを行政のせい、会社のせい、社会のせいにするのは簡単ですが、黙っていても変わりません。

それなら、もっと子育て世帯が声をあげて、もっと子育てしやすい社会をつくっていきたいのです。

そうやって発信して、子育てに興味のない人たちの心を動かして、子育てを少しでも応援できるような人たちを増やすことこそ、もっといい社会になるのではないかと。

国や行政は、予算を投入し仕組みを整える「インフラ」、

会社は、社員が活き活きと働ける環境をつくり続ける「場所」、

イクタスは、そんな人たちを応援する人をつくる「マインドチェンジの機会」

そんなメディアにしていきたいのです。

想いに共感して、何かしら子育てに関する記事を書いてくださる方は、ぜひご連絡ください!

色んなパパママのリアルを発信していく予定です。ググっても出てこない情報や想いを発信していきますよ。今後とも、どうぞ宜しくお願いします!

公開日:
最終更新日:2015/04/27

About

もっと子育てをしやすく。
もっと子育てを身近に。
毎日の育児にプラスを。

核家族化が進む現代において、「社会みんなで子供を育てていく」、そんな感覚があれば、もっと子育てがしやすくなるんじゃないか。
そんな社会を目指して、このブログメディアをつくりました。

子育てを「子育て世帯だけのもの」にせず、もっと身近なものにするべく、心を動かす記事を書いていきます。