IKU+(イクタス)

パパ・ママたちによる、毎日の育児に+[プラス]を与えるブログメディア「イクタス」

ママへ。出産後は色んな人に色んな事を言われるけれど、アドバイスは取捨選択しよう

   






1

5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_s

初めましてこんにちは!COCOと申します。

フルタイムで働きながら2人の子供を育てています。
女性目線からの子育てや世の中のことを書いていきたいなと思います。どうぞよろしくお願いします!

今日は子育て中のママに対する世間の言葉についてです。

スポンサードリンク

出産後に投げつけられたたくさんの言葉

「なんでミルクなのー!?母乳の方が栄養があるんだから!」
「帝王切開って楽でいいね。お腹を痛めて産むから子供は可愛いのよ。」
「もう仕事復帰するの!?ダメダメ、子供は三歳まで親が育てなきゃ!!」

そんなことを出産後に言われてきました。

娘を出産後。
初めての育児に戸惑いながらもなんとか日々を過ごしていた私ですが。
その間にいくつの「こうでなきゃ」を押し付けられたことでしょうか。

スポンサードリンク

母乳が出ずほぼミルクで授乳をした

娘の時も息子の時もなぜか母乳の出が悪く、
「母乳出ないならミルクでもいいや。」

早々にシフトチェンジした私に。
世間の目は冷たかったのです。

「なんでミルクなのー!?母乳の方が栄養があるんだから!」
「ミルクは楽だからねえ、ママじゃなくてもいいし。」
「もっとちゃんと頑張れば母乳出るよ!!」

母乳は栄養もあるし、素晴らしい赤ちゃんとの最高のコミュニケーションです。
「絶対母乳育児がしたい!」そう思う方も多いことでしょう。

そう言われる中で、でも私はミルクで授乳をしたことを前向きにとらえていました。

「ママが疲れた時はパパに交代できる。」
「腹持ちがいいからたくさん寝てくれてママも一緒にお昼寝できる!」

マイナスにとらえるのではなく、ポジティブに発想転換していました。

自分の価値観とは違う意見は、時には聞き流すことも重要なのです。

妊娠高血圧症候群になり、緊急帝王切開に

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

妊娠後太りすぎた私は、元々遺伝的に高血圧気味だったのもあり、出産予定日一週間後に緊急帝王切開となりました。

検査をした当日の夜に手術をすることになったのですが、私の気持ちは
「どんな出産の仕方でもいい、とにかく元気に産まれてきてほしい!」
これだけしか思いませんでした。

後にネットなどで帝王切開になってしまったことを悩みヘコむママさんが多いということを知って。

私にはまったくその気持ちは分かりません。
自分の気持ちと赤ちゃんにとってのベストな選択、どちらが大事かはすぐ分かることですから。

そうして無事生まれた娘。

しかし「帝王切開で出産した」ことについてこんなことを言われました。

「帝王切開って楽でいいね。お腹を痛めて産むから子供は可愛いのよ。」

驚きすぎて何も言い返すことができませんでした。

帝王切開が楽だとなぜ思うのか?
陣痛を経ないで産んだ子供は可愛くないのか?

言いたいことは100個くらいあったけども。

あまりびっくりすると人間は何も言えないものなんだなあと知りました。

娘が10か月の時に仕事に復帰

娘がそろそろ10か月になろうという頃。マイホームを購入したこともあって、仕事を探し始めたのです。

運良く残業のないフルタイム正社員の仕事が見つかり、母の手助けもあって、無事仕事を始めることができたのですが。

ここでも唐突に言葉の刃が突き刺さりました。

「もう仕事復帰するの!?ダメダメ、子供は三歳まで親が育てなきゃ!!」
「ママと一緒にいられないなんて。子供が可哀想じゃない?」

確かにまだ1歳にも満たない子供を預けて働いていた私は、心のどこかで後ろめたい思いを抱えていたのです。

子供とずっと一緒にいてやれない切なさを見透かされたようで、ここでも私は何も言えませんでした。

「アドバイス」と「考えの押し付け」は全く違うもの

8f53f942976d83c2fcc52fd83d133ea7_s

私は割とメンタルが強い方だと思うので、他人から言われたこれらの言葉をスルーすることができましたが。

出産後、慣れない子育てで情緒不安定になっているママさんにとってはキツい言葉であると思います。

驚くことに、これらの言葉は全て「子供のいる母親」から言われたものだということ。

人間は自分と異なるものを排除しようとする本能が備わっているといいます。対極の人間を批判する、私はこの心理が分かりません。

ママがママを苦しめることで、どんどん子育てすることが窮屈になっていく。

母乳?ミルク?帝王切開?普通分娩?ワーキングマザー?専業主婦?
そんなのはどちらが正解なんてないのです。

一番大事なのはママと子供が笑顔で生活出来ること。

「悪意のあるアドバイス」「考えの押し付け」などは一切耳を貸さなくて大丈夫です。

子育てにはいろんな形がある。一人一人が認め合えて、助け合えるような社会であるように。

自分に自信をもって、子育てライフを楽しむことが大事です!!

 編集後記

ワーキングマザーのCOCOさんによる記事でした。

そうそう、子供を持つと色んな人に色んなことを言われるのですが、時代も違えば価値観もそれぞれなので、自分たちが正しいと思えるような意見を採用していければいいんですよね。

子育てって本当に正解がないので、色んな意見があるのですが、笑顔で育児ができることが1番大事です。

ママたちも、悩み過ぎないように。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクタスの最新情報をお届けします

Twitterでイクタスをフォローしよう!

スポンサードリンク

この記事を書いた人

COCO
東北在住の2児のワーキングマザーブロガーです。 フルタイムで働きながら小学生と幼稚園の子供を育てています。 女性目線からの子育て・仕事・世の中のことを書いていきたいと思います。

コメント欄

  関連記事

初めて出産を迎える妊婦さんへ。ゆっくりできる今のうちに寝ておこう

現在、0歳7ヶ月の息子を子育て中の新米ママです。 これから初めての出産を迎える妊 …

親がどう見られているか?思っている以上に子供に影響しているよ、という話

こんにちは。COCOです。 東北地方は先日地震があり、怖い思いをしました。 親の …

結婚 デメリット 子育て
結婚はデメリットだけじゃない。子育ては人生を二度味わえる、鍋の雑炊のようだ。

先日、はあちゅうさんの結婚のデメリットは山盛り!?はあちゅうのおひとりさま結婚論 …

さあ、結婚をメリット・デメリットで考える時代を終わらせよう

結婚のデメリットは山盛り!?はあちゅうのおひとりさま結婚論が話題となった昨今。 …

子供が「ママじゃなきゃダメ」になるのは、産まれてすぐの環境のせい

こんにちは、早と書いてSAKIといいます。 1歳になった娘を育てながら自宅で自営 …

保育園 探し
説明しよう。子供を保育園に入れるのはどれくらい大変だったか?

「保育園入れた!よかった〜。」 「不承諾通知が届いた。どうしよう・・」 2015 …

壮絶すぎる慣らし保育。私は何のために子供を保育園に預けて仕事に行くのか

4月に入り、私が復職をすることになったので、1歳2ヶ月になった娘を認可保育園に預 …

育児 出遅れ
子供の“ママ好き、パパ好き”はころころ変わるから、育児に「出遅れた」とかはない

こんにちは、まなしばです。現在私は1歳4ヶ月の娘がおり、夫婦で半年間一緒に育休を …

地方移住ってどうなの?地方在住の私が感じた田舎と都会の子育ての大きな違い

政府は東京一極集中の是正に向けた地方創生の目玉策として、高齢者の地方移住を推進す …

子育てがしんどい本当の理由。私が育児ストレスを抱えた4つの原因と解消法

「あかんもうあかん、しんどい、疲れた・・・」 そう言って夜中に私は夫に訴えて泣き …

About

もっと子育てをしやすく。
もっと子育てを身近に。
毎日の育児にプラスを。

核家族化が進む現代において、「社会みんなで子供を育てていく」、そんな感覚があれば、もっと子育てがしやすくなるんじゃないか。
そんな社会を目指して、このブログメディアをつくりました。

子育てを「子育て世帯だけのもの」にせず、もっと身近なものにするべく、心を動かす記事を書いていきます。