IKU+(イクタス)

パパ・ママたちによる、毎日の育児に+[プラス]を与えるブログメディア「イクタス」

【第1回】子育てパパママがつながるイベントを開催しました@こそだてビレッジ

      2015/03/26





1

イクタス

3/22日曜日に、子育てパパ・ママがつながれるイベント、IKU+(イクタス)を開催しました。10家族とあと子連れだったので、だいたい25名弱くらいの方と一緒にイベントをしました。これがまた、やってよかったなーと思いました。

イベントの内容を少し紹介したいと思います。

スポンサードリンク

どんなイベントをしたの?

イクタス

パパ・ママが子育てをしていて、なかなか他人に子育ての悩みや、逆にいいと思っていることをシェアする機会ってないじゃないですか。ママ友パパ友とおしゃべりでもいいんですけど、それよりももっと第三者でみんなで話し合った方が、より建設的な意見交換ができるんじゃないかなーと。そして家に持って帰って実践してもらう。旦那さんが来れてなかったらシェアしてもいいし、夫婦一緒に参加すれば考えを確かめられるいい機会になったんじゃないかなーと。

具体的なテーマとしては、

  • 我が家で行っている育児の工夫と悩み
  • 育児と家事の両立について

これらを各グループにわかれて、意見を出し合いました。

イクタス

進め方としては、KPT法を使って振り返ってみました。
効果があり、今後も継続して行っていきたいことをKEEP、問題があったり、改善したいなと思うことをPROBLEM、それらを踏まえ今後挑戦していきたいことをTRYとしてまとめる手法です。

流れとしては、1テーマ30分のセッションで、

  • まずは個人ワークでKEEPとPROBLEMを付箋に書き出す(5分)
  • 最初にKEEP、次にPROBLEMの順番でテーブルのメンバーで内容をシェア(15分)
  • 書いたTRYの内容をみんなにシェア(5分)

という流れです。
全然ファシリテート慣れしていない初心者でも進行がカンタンなのでおすすめです。

子連れなので、必要に応じて子供の面倒を見合ったり、休憩したりと自由な感じで行いました。

よかったのは、絶対に否定しないこと

イクタス イベント

すごいよかったなあって思ったのは、決して否定することがなかったということ。いいところは「それいいね!」って褒め合い、改善点がある場合は「こうすればいいかもしれない」と具体案を出すことによってみんなで考えられたことがとてもよかったです。

来てくださった方の中には、夫婦共働きで2児のお子さんがいて、奥さんが大阪へ単身赴任中だから週末だけ都内で過ごしているご家族や(すごい!)、高校の教え子から誘われて数年ぶりに再会してまさかのママ友になった教師と生徒など(笑)非常に濃い内容になりました。

イクタス イベント

次回はまだ未定ですが、また次もやりたいなぁと言っているので、来たい方がいれば私まで連絡いただくか、Facebookページ、もしくはブログメディアをチェックしてもらえると嬉しいです。

スポンサードリンク

大塚にあるコワーキングスペース「こそだてビレッジ」が素晴らしい施設

この開催場所として使わせてもらったコワーキングスペース、「こそだてビレッジ」が素晴らしいんですよ。場所は山手線の大塚駅から徒歩4分という好立地の場所にあるのですが、もう初めて来た瞬間に「なんていい場所!」ってなるくらい素敵な施設なんです。

お洒落で広い!

イクタス イベント

畳の部屋もあります。ねんね期の赤ちゃんもごろごろできますね。

イクタスイベント

イクタスイベント

電子レンジや食器なども使うことができます。離乳食も温められますね!

イクタスイベント

個別の授乳室もあります。子連れにやさしい!

イクタス子育てイベント

子供が遊べるスペースもバッチリです。広々と使えます。

イクタスイベント

イクタスイベント

小さなベビーも安心。ベビーベッドとチェアもあります。ゆっくりお昼寝できますね!

子育てビレッジ

おもちゃもたくさんあって子供同士でも遊べるのが魅力的です。

NewImage

NewImage

絵本やおもちゃもたくさんあり、子供も体を動かせて大喜びでした。

「こそだて」と「はたらく」に選択肢を。こそだてビレッジの理念が素晴らしい!

このこそだてビレッジの理念が素晴らしいんですよ。”こそだて” と ”はたらく” に 選択肢を。という理念のもと、こどももおとなも自分たちらしく過ごすことができるコミュニティスペース。

「こそだてビレッジ」が目指すものは、それぞれが必要とするやり方で、こども・大人が育ちあうコミュニティー、すなわち「大家族」をつくる事です。 まったく新しいコンセプトに基づいていて運営していくため、メンバーになって頂く皆様と共に発展していくという楽しみもあります。 理想的な”こそだて・はたらく”を模索しながら、こどもも大人も共存出来るワークスペースを実現させます。※保育士の資格・経験を持つ専属スタッフがおり、1名常に全体を見守っています。

こそだてビレッジより

運営されている保育士の資格も持っている小笠原舞さんがおっしゃっていて印象的だったことは、「母親にとってフリーランスで働くとか、もっと自由な働き方の選択肢もあっていいんじゃないか。家だけではなく、子連れでもみんなで子育てしあえて働くこともできる環境こそが、この大都会での子育てに必要なんじゃないか」ということでした。まさに。

「孤育て」しないというのも大きく頷けます。おとなとこどもも一緒に共存していける、まさに素敵なコワーキングスペースです。

こそだてビレッジの利用料金

NewImage

お試し利用は2000円から。もっと家が近いといいんですけどね。お近くの方はぜひ。
Facebookページもお見逃しなく^^

こそだてビレッジ基本情報

営業時間:午前9時~午後5時(3月末まではプレオープンのため午前10時〜午後4時までになります)
キッズルームスタッフ:平日午前10時~正午 午後1時~午後4時

詳細はこちら。

まとめ

うーん、素晴らしい施設です。住みたくなる施設って、そうそうないのではないでしょうか。

また、イベントも行いたいと思っているので、ご興味のある方は、Facebookページをチェックしていただければ嬉しいです。

おしまーい!まなしばでした。

【子育てイベントをしました】大塚にある「こそだてビレッジ」は子連れに最高のコワーキングスペースだよ―ままはっくより一部転載

子育てパパママがつながるイベント「iku+」(イクタス)を開催しました。―Now or Neverより一部抜粋

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクタスの最新情報をお届けします

Twitterでイクタスをフォローしよう!

スポンサードリンク

この記事を書いた人

育児ブロガーのまなしばです。子育てについて思うことを発信して社会を変えたいと思っています。

コメント欄

  関連記事

関連記事はありませんでした

About

もっと子育てをしやすく。
もっと子育てを身近に。
毎日の育児にプラスを。

核家族化が進む現代において、「社会みんなで子供を育てていく」、そんな感覚があれば、もっと子育てがしやすくなるんじゃないか。
そんな社会を目指して、このブログメディアをつくりました。

子育てを「子育て世帯だけのもの」にせず、もっと身近なものにするべく、心を動かす記事を書いていきます。