IKU+(イクタス)

パパ・ママたちによる、毎日の育児に+[プラス]を与えるブログメディア「イクタス」

母親に対して求めていることが、過剰すぎではないですか?





1

1

20150505-163028-3

こんなエントリーをよみました。

すげえ腹立つわ|愛情料理研究家 土岐山協子の 『料理はしないんだけど料理研究家のブログ』

なんかね、すごい違和感を感じたんです。

スポンサードリンク

どんな内容か

ざっくりいえば、子どものために、イベント開催する親をバカ呼ばわりしています。

そして、それに2万ものイイねがついているんですよね。これに驚きなんです。

朝早くすみません

こんなに腹が立ったのは久しぶりです

私は赤ちゃんを連れて居酒屋に行こうが、イベントに参加しようが、それはお母さんが子どもを気にかけながらだったらたまには構わないと思います(略)

ですが、就学前の子どもがいる母親がイベントを開催したり、あまつさえ子どもを連れてイベントの為に家をあけて旦那さんを一人にするなど言語道断だと思います

旦那さんがいて、就学前の大事な時期の子どもがいて、その旦那さんの稼ぎがあってなお、無添加なんちゃら、オーガニックなんちゃらだの、さも「子どものため」と言わんばかりの聞こえのいいイベントを開催して家を空けるのは、本当にそのイベントは子どものためと言えるのか?単にてめえの自己顕示欲じゃねえのかよ

スポンサードリンク

母親もひとりの人

母親って、子育てのために自己顕示欲を押し殺さないといけないんですかね。

自分のしたいことを、子どものために捨ててまで、子どもを育てないといけないんですかね。

僕は違うんと思うんですよ。母親も一人の人なんです。自由な時間があっていいし、自分のことに時間を使ってもいい。

社会に認められたいと思うのも当然の心理だし、小銭を稼いで家庭が少し金銭的余裕ができるなら、それはそれで立派なことだと思います。

共働きの方が虐待が少ない

共働きの家庭のほうが虐待が少ないというデータもあります。

データえっせい: 共働きと虐待の関連

ずっと子どもと一緒にいることで、母親が病んでしまったり、子どもの虐待につながったりするのなら、母親が社会に出ていくの、もっと認められてもいいのではないでしょうか。

母親は子どもの奴隷ではない

母親が階段から降りてくる足音に合わせて

両の手が腫れる程叩かれました

情けない、とも言われました

それでも嬉しかった

やっと自分を見てくれた、と思って、嬉しかった

母親はほどなくして

革手芸を一旦辞めました

週に一回もしなくなり

代わりに編み物を教えてくれたり、茶道を教えてくれたりするようになりました

革手芸を再開したのは

私が中学生になり、部活をやり始めてからです

ぞっとしました。なんでこれが美談として語れるのか。母親はあなたの奴隷なんでしょうか。召使いなんでしょうか。

母親だって一人の人としての人生があります。社会的な承認欲求をもってもいい、認められてもいいはずです。

やりたいことをやってはいけないんですかね。

母親が窮屈な社会

この話が、もし母と父が逆で、父が専業主夫で、母親が外で働いている状態だったらどうなんでしょうか。

『就学前の子どもがいる(専業主夫の)父親がイベントを開催したり、あまつさえ子どもを連れてイベントの為に家をあけて(普段仕事をしている)母親を一人にするなど言語道断だと思います。』

って、たぶん成り立たないんですよね。

日本は、「母親」にだけ、過剰期待なんです。「母親」への理想が異常に高いんです。

それは、男性だけではありません。むしろ、この人のように女性が、女性を攻撃するんですよね。

自分自身がどういう生き方をするのも自由です。子どものためだけに生きるのも自由です。

ただね、社会に出ようとする子持ちの母親を攻撃するのはよしましょうよ。

母親の代わりに父親なり他の人がきちんと育児をしているなら、イベントいったっていいじゃないですか。なんですべてを母親に背負わすんですか。

旦那は子どもじゃない

もう一つひっかかったのが、旦那さんを一人にすることを批判しているところです。「何がダメなの?」っていう感じです。

母親は旦那の母親ではありません。一人でご飯ぐらい用意して食えっていうんですよ。

ついでに洗濯、掃除ぐらいできるでしょって思うんです。なんで、そんなに男には甘いのに、女には厳しいんですかね。

母親がイベントに参加している時間は、父親が育児をやればいい、ただそれだけのことです。父親だからこそ教えられることもあります。

育児は母親しかできないことではありません。

母の日のプレゼントは自由時間

僕の母の日の妻へのプレゼントは、自由時間です。

娘ちゃんも生まれて3ヶ月たって少し落ち着いてきたので、これからの日曜日の2-3時間ぐらいは自由にしてもらおうと思いました。

赤ちゃんがいるとなかなか外にでる時間もありませんからね。運動、ショッピングしてもらって気晴らしです。

そんな時間があったっていいんじゃないですかね。

それで、家で僕が娘ちゃんを見ながら、クリームシチューつくったり、あやしたり一緒にお昼寝したりしました。

娘ちゃんと二人っきり…大変です。ただ、週50時間以上妻は、娘ちゃんと二人っきりなんです。

それを考えたら、週に少しぐらい子どもから離れる時間があってもバチは当たりませんよ。

バランスが大事

バランスって便利な言葉ですが、やっぱりバランスなんですよね。

子供のために親がやりたいことを我慢するのは正しいことなんですか | トリイケンゴ.com ( ・`д・´)

こちらのブログでも、この件について書かれていました。

子供は、親が思ってるよりもきっと複雑に、そしてずっと賢い目でこっちを見てる。

あなたが子供のために何かを我慢しているなら、きっとそれもバレてるよ。

でも、自分がやりたい事をやっていても、ちゃんと愛しているならきっと伝わってるよ。

本当にそのとおりだと思います。

僕は、両親ともに育児放棄してまで、社会に出る姿を肯定するわけではありません。きちんと、育児をしていることが大前提です。それは、母だけでなく父も含めてです。

育児の責任をすべて母親に背負わして、手に、足に枷をつけることを女性に望む社会にはなってほしくないんです。

ただでさえ、経済的にも時間的にも大変なのに、社会的にも抹消されないといけないなら、子ども作りたいと思えませんよね。怖いのは、それを女性が女性に求めるという点です。

「女は子どもが小さい頃は家にいなさい」という思想は、これからの日本を豊かにしますかね?僕はそう思えません。

あとがき

うちの母親はどちらかというと自由奔放な人でした。

母子家庭ながら、結構自由に遊びまわってました。

それで、当時は寂しい想いはしたし、もっと母親らしくして!とここに書いたことと、逆のことを思ったこともあります。

ただ、そういう親に育ててもらい、寂しい思いをした上でも、母親のすべてが子どもになる、それを社会が望むのはおかしいと思うんです。

親は親、子は子なんです。それぞれの人生があります。

母親が社会にでることをもっと寛容な社会のほうが、生きやすく、子どもも産み育てやすいと、僕は思います。

 編集後記

むのんさんの記事でした。

皆さんはこの意見に賛成ですか。反対ですか。

私は個人的には反対ですね。そもそももう働いちゃってるし。

それに、共働き家庭の方が虐待も少ない、というデータがあるように、共働き家庭の方が、母親の人生に対する満足度が高い、というデータもありました。これは私が大学時代に調べた文献で書いていた内容なのですがね。

役割が多くなればなるほど(ママとして、仕事人として、あるいはPTAとして、など)、困難なことも多いですが、満足度や達成感も多いんです。

そんな、笑っている母親をみて、子供も笑っていければいいじゃないですか、って思います。

もちろん、専業主婦も全然アリだと思います。母親の多様性を否定することがまずいと思うんですよね。そうじゃないと日本も多様性を欠いた社会になって、生きづらくなってしまうじゃないですか。

個々人が「こう生きたい」という思いを叶えやすい、多様性ある社会にしたいものです。

らく楽ぶろぐ  からの引用です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクタスの最新情報をお届けします

Twitterでイクタスをフォローしよう!

スポンサードリンク

この記事を書いた人

むのん
2015年1月に女の子が生まれて、パパになりました。 「仕事も、家事も、育児も楽に楽しく」がモットーです。

コメント欄

  関連記事

結婚
【独身者へ贈る】経営者の僕が思う、結婚してよかった事とよくなかった事(夫編)

はじめまして。原田大輔といいます。 都内でしがない会社の経営をやっております。 …

親になってから、両親がどのように僕を育ててくれたのかがわかるようになった。

こんにちは、としみつです。都内で子育てをしている新米パパです。もうすぐ1歳になる …

選挙 投票 パパママ 若者
投票に行こう!議員選挙ならパパママ・若者だけでも十分変えられる

東京都在住のとしみつです。もうすぐ1歳の娘は朝から遊び疲れて寝ています。ほっぺの …

子供に関する動画や広告を見て思うこと

前回から間が開いてしまいました。としみつです。 本題とは関係ないのですが、この数 …

長時間労働が育児参加させない原因だ!企業は朝型勤務を導入するべき!

新しい職場になってからやっとこさ1週間が経ちました。正直なところ、めちゃくちゃ疲 …

パパ
家族が笑顔になる!新米パパが知っておきたい4つのこと

こんにちは、むのんです。現在4ヶ月目の娘ちゃんのパパです。 出産3ヶ月前にに、こ …

子供が苦手だった僕が、子供ができたら前向きになれたって話

はじめまして。もうすぐ3歳になる1児のパパ、na.aっていいます。 ほんとは子供 …

移住 フリーランス
終電続きだったサラリーマンが、東京から福岡へ移住しフリーランスへ転身。育児と仕事の両方を得て幸せになった話(2)

どうも、福岡に移住して3年経ちましたライターの赤坂です。 前回の記事「終電続きだ …

女性の社会進出を拒んでいる大きな原因とは?

とある記事を読んで、ちょっとした衝撃を受けました。 女性の社会進出、女性にもっと …

終電続きだったサラリーマンが、東京から福岡へ移住しフリーランスへ転身。育児と仕事の両方を得て幸せになった話(1)

はじめまして!福岡でフリーランスでライターとか色々している赤坂太一と申します。 …

About

もっと子育てをしやすく。
もっと子育てを身近に。
毎日の育児にプラスを。

核家族化が進む現代において、「社会みんなで子供を育てていく」、そんな感覚があれば、もっと子育てがしやすくなるんじゃないか。
そんな社会を目指して、このブログメディアをつくりました。

子育てを「子育て世帯だけのもの」にせず、もっと身近なものにするべく、心を動かす記事を書いていきます。