IKU+(イクタス)

パパ・ママたちによる、毎日の育児に+[プラス]を与えるブログメディア「イクタス」

家族が笑顔になる!新米パパが知っておきたい4つのこと

      2015/05/24






3

パパ

こんにちは、むのんです。現在4ヶ月目の娘ちゃんのパパです。

出産3ヶ月前にに、こんな本を読んで、育児で父親は何をしたらいいのか…新しいパパの教科書から、育児について少し予習をしました。

スポンサードリンク

パパの育児の要はママのケア

生まれてすぐの赤ちゃんは夜もミルクや授乳で1日中、お世話をしないといけません。

朝から晩まで、心から休む時間がママにはありません。

そんなママを気にかけ、ケアすることが、パパにできる大切なことの一つです。

ケアと言っても大げさなことは必要ありません。

ママが求めているのは共感と受容

仕事から帰ってきたら、いろんな話をするかもしれません。

それに対して大切なのは、問題点を浮かび上がらせ、的確なアドバイスをすること…ではありません

どうしても、男性はどこかに着地点を見つけて、そこに向かう道筋をつけようとします。

僕も、そうしてしまう傾向があります。

ママはただ、自分の不安や、疲れを聞いて欲しいというただそれだけのことが多いのです。

男は問題解決 女は共感を志向するといいます。

その性差を理解することが第一歩です。

感謝ねぎらいの言葉を

男性の仕事の場合は、相手は「大人」です。バカな大人もいますが、それでもある程度の理屈は通じるヒト達です。

それも、始まりと終わりの、時間は決まっています。

赤ちゃんの相手は、1日じゅう休みもありません。いつ泣き出すかなんてわかりません。

親が寝ていてもお構いなしです。理屈も通用するわけではありません。

ただただ、泣いている時もあるでしょう。

そういう赤ちゃんを相手にしているママに、感謝やねぎらいの言葉を伝えましょう。

「伝えなくてもわかる」なんて古風な考えは辞めましょう。言葉で伝えても、気持ちはなかなか伝わらないものです。

夫婦と言っても、違う心をもった、他人同士なのですから。

サプライズよりも大事なこと

たまにはケーキを買って喜ばせてあげよう…それよりももっと大切なのは、日頃から育児に関わったり、ママの話をきちんと聞いてあげる、言葉をかけてあげることです。

そういった、日常の積み重ねが大事なのです。

疲れきったママには喜ばせようとしたサプライズが、逆に裏目に出てしまうこともあるかもしれません。

スポンサードリンク

一緒に育児をしよう

一緒に育てる、乗り切る姿勢が大事

パパ

「仕事があるから」「仕事で疲れている」お金を稼ぐというのはパパだけでなく家族にとっても大切なことです。

だからといって、自分は全く子育てに関せず、家事もせずということがいいとは言えません。

一緒に育てる姿勢が大事です。

赤ちゃんの世話は質より量 向き不向きではなく慣れ

授乳以外の抱っこはなるべくパパが請け負いましょう。抱っこも回数を重ねるごとに上手になっていきます。

おむつの交換、抱っこ、授乳後のげっぷなど、パパは授乳はできませんが、それ以外のことはパパでもできることです。

そして、慣れです。ママは一日中、子どもと一緒にいるので、慣れているから上手なのです。

パパも何回もやれば慣れていきます。そうすれば、行うことにも抵抗はなくなっていくでしょう。

とくに生まれてすぐの頃に、ママに遅れをとらずに行うことが大事かなと思います。

ママが上達して、差ができると、パパとしても行いにくくなるし、ママも自分でやったほうが早いと思い出すかもしれません。

ふたりとも慣れないうちに覚えることが大切です。

家事は積極的に

パパ

ママは育児に追われることになります。

パパは家事を積極的に行う必要がでてきます。

生まれる前に家事の一連を一人でやっておいたほうが、その後、楽だと思います。

育児という期間限定大プロジェクト

育児をひとつのプロジェクトとして考えてみましょう。

大きなプロジェクトです。

これまで、仕事+家事で100の負担でやっていたことに、+120の負担が追加される。負担は、一気に倍以上です。

それを、基本は二人で乗り切っていかないといけない。そんなイメージです。

このプロジェクトを成功させるために、何をして、何をやめるべきか。

やはり今までの仕事や家事の量がそのままでは辛くなることも多いでしょう。

お惣菜を増やす、ルンバを買う、最初の月は洗いものをしないように紙皿を使う…など負荷を減らすように考えるのも大切でしょう。

そして、育児はよくもわるくも、期間限定です。

自分たちで終わらせるのではなく、時間が経てば自然と終わることです。どんなに長くやっていきたいと思ってもできない、期間限定のプロジェクトです。

時間とヒトのマネージメント…これまで培ってきた仕事力をいかんなく発揮する場です。

あとがき

自分の娘をこんな風にしたい!というのは少し親のエゴのようにも思いますが、「パパ大好き」そんな風に思ってもらえる父親になりたいです。

らく楽ぶろぐ | からの引用です

//

[紹介した本]

 編集後記

むのんさんによる記事でした。

まさにこの通り。

「どんなに長くやっていきたいと思ってもできない、期間限定のプロジェクトです。時間とヒトのマネージメント…これまで培ってきた仕事力をいかんなく発揮する場です。」

私も子育てしながら思うのですが、夫婦で期間限定でおこなう、おおきなおおきな期間限定プロジェクトなんですね。

子育てって、思った以上に頭をフル回転させるんですよ。たとえば、電車から降りて駅に着いたら、まずエレベーターはどこにあるのか、そのためにそもそもどの車両に乗るのがいいのか、とか、子供をあやしながらいかに速く料理をするか、など。

先を見据えながら行動して、さらにパラレルに物事をこなしていかなければならない。

私は後者がとても苦手でいつも夫にも怒られるんですが(笑)、1年と少し子育てをしてきて、少しはそれができるようになってきたかな・・と思います。

育児を通して、パパもママも、自分自身を「育自」をしているんだなぁと。そう思います。

ママも、パパにやってもらうことを諦めないで、一緒にやることを心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクタスの最新情報をお届けします

Twitterでイクタスをフォローしよう!

スポンサードリンク

この記事を書いた人

むのん
2015年1月に女の子が生まれて、パパになりました。 「仕事も、家事も、育児も楽に楽しく」がモットーです。

コメント欄

  関連記事

「双子あるある」から見えてくる、育児の大変さと幸せを考えてみた。

こんにちは、双子のパパをしていますYuichiです。 2014年9月11日、かの …

母親に対して求めていることが、過剰すぎではないですか?

こんなエントリーをよみました。 すげえ腹立つわ|愛情料理研究家 土岐山協子の 『 …

平日の育児はママ任せにならないためにパパが育児参加する方法とは?

6月も終わりそうですね。 先月はゴールデンウイークがあったので、普段よりは営業日 …

子供が苦手だった僕が、子供ができたら前向きになれたって話

はじめまして。もうすぐ3歳になる1児のパパ、na.aっていいます。 ほんとは子供 …

子供に関する動画や広告を見て思うこと

前回から間が開いてしまいました。としみつです。 本題とは関係ないのですが、この数 …

僕がやってみてわかった、1人で子育てをすることの”無理ゲー”さ

はじめまして!むのんと言います。 2015年の1月に女の子ができて、パパになりま …

親になってから、両親がどのように僕を育ててくれたのかがわかるようになった。

こんにちは、としみつです。都内で子育てをしている新米パパです。もうすぐ1歳になる …

女性の社会進出を拒んでいる大きな原因とは?

とある記事を読んで、ちょっとした衝撃を受けました。 女性の社会進出、女性にもっと …

移住 フリーランス
終電続きだったサラリーマンが、東京から福岡へ移住しフリーランスへ転身。育児と仕事の両方を得て幸せになった話(2)

どうも、福岡に移住して3年経ちましたライターの赤坂です。 前回の記事「終電続きだ …

選挙 投票 パパママ 若者
投票に行こう!議員選挙ならパパママ・若者だけでも十分変えられる

東京都在住のとしみつです。もうすぐ1歳の娘は朝から遊び疲れて寝ています。ほっぺの …

About

もっと子育てをしやすく。
もっと子育てを身近に。
毎日の育児にプラスを。

核家族化が進む現代において、「社会みんなで子供を育てていく」、そんな感覚があれば、もっと子育てがしやすくなるんじゃないか。
そんな社会を目指して、このブログメディアをつくりました。

子育てを「子育て世帯だけのもの」にせず、もっと身近なものにするべく、心を動かす記事を書いていきます。