IKU+(イクタス)

パパ・ママたちによる、毎日の育児に+[プラス]を与えるブログメディア「イクタス」

信頼できてわかりやすい!子供の医療ガイド5選【保存版】

   






3

医療 ガイド 子供

こんにちは。としみつです。娘が誕生日を迎えましたが、当の本人は周りのお祝いムードに驚いて目をパチクリしていました。再来年ぐらいには「誕生日」って何か分かるのでしょうか。

さて、この記事では医療ガイドを紹介したいと思います。子供の病気と事故を完全に避けることはほぼ不可能です。私の家庭でも、外傷はまだ無いですが、ノロウイルスと風邪にはかかりました。子供の調子が悪い時、どのように対処すべきかというのは非常に気になる問題です。信頼できるものでも分かりにくかったら使いにくいですし、分かりやすくても信頼できないものなら子供に適用するのは怖いです。

私自身も手元に信頼できる情報をとっておきたかったので、小児関連の医学会・学会のサイトにあった分かりやすくて便利そうなガイドを5つピックアップしました。医学会・学会のサイトの多くは医療関係者向けなので、難解なものが多かったのですが、一般向けに分かりやすく提供されている資料だけを厳選しました。もちろん全て無料です。

スポンサードリンク

ブックマークに入れるべき。もしものときの緊急ガイド。

こどもの救急(ONLINE-QQ):日本小児科学会提供

http://kodomo-qq.jp/
厚生労働省研究班と公益社団法人 日本小児科学会により監修されているWebページです。子どもの症状に関しての質問に回答していくだけで今取るべき行動が提案されます

それだけでも素晴らしいのですが、更に素晴らしいのはスマホ対応していること。これはブックマーク必須です。

kodomo-qq

こどもの救急(ONLINE-QQ):日本小児科学会提供

子どもの事故防止ノート:日本小児看護学会提供

http://jschn.umin.ac.jp/files/201210_kodomonote.pdf (PDFが開きます)

こちらは日本小児看護学会が監修したハンドブックです。「こどもの救急」が病気がメインであることに対して、こちらは事故や外傷に対してのマニュアルです。

子どもの事故防止ノート

よくある事故を6種類(窒息、溺水、誤飲・誤嚥、熱傷、転落、外傷)に分類し、それぞれの事例と対処法について2ページずつコンパクトにまとめています。個人的には「子どもの事故防止ノート」という名前より、「子どもの事故防止&対処ノート」という方が適切だと思います。何か事故が起きた時に、すぐ開けるようにブックマークしています。

子どもの事故防止ノート:日本小児看護学会提供(PDFが開きます)

スポンサードリンク

印刷して置いておきたいガイドブック3選

次に、印刷しておきたいガイドブックを挙げます。

予防接種スケジュール:日本小児科学会提供

日本小児科学会推奨の予防接種キャッチアップスケジュール
http://jpa.umin.jp/download/update/catch_up_schedule.pdf (PDFが開きます)
日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール(記入式)
http://jpa.umin.jp/download/update/vaccine_schedule.pdf (PDFが開きます)

日本小児科学会のおすすめする予防接種スケジュールと記入票です。前者が一覧で予防接種がまとまっており、後者には実際の接種記録を記入できるようになっています。

母子手帳よりも一覧性が高いので、1部印刷しておいてとっておくと便利だと思います。

災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット:日本小児アレルギー学会

http://www.jspaci.jp/modules/gcontents/index.php?content_id=4
日本アレルギー学会による災害時のアレルギー疾患対応パンフレットです。喘息、アトピー、食物アレルギーの3種類に分けて、世話をする人、周囲の人、行政の3者それぞれへのお願いをシンプルにまとめています。

アレルギー疾患対応パンフレット

こちらも「災害時の」という名前がついていますが、子供に対応する部分だけ印刷して子供用のバッグの中に入れておくと、災害時でなくても役に立つと思います。

食物アレルギーによるアナフィラキシー学校対応マニュアル:日本小児アレルギー学会

http://www.jspaci.jp/modules/gcontents/index.php?content_id=3

特にアレルギーに関して詳細に書いている資料です。アレルギーの情報だけでなく調査票や学校へのアレルギー対処依頼書まで、かなり充実しているので、特にアレルギーが強い子供をお持ちの方には様々な場面で役に立つものだと思います。

十分な理解がない人達や組織に対してこのような資料を見せれば、ちゃんとした資料や申請書があるということだけで、問題意識を持ってもらえるかもしれませんね。

おまけ:実は、母子手帳もすごい!

以上、病気、事故、予防接種、アレルギーと、(特に幼少期の)子供の医療に関して分かりやすくまとめている資料を紹介しました。

でも、実は母子手帳には、もっと幅広い情報がコンパクトに、分かりやすくまとめられています。子供の健康、事故対応、応急処置、予防接種の情報だけでなく、母親の肉体的・精神的なケアや行政の子育てサポートについてなども分かりやすく記載されています。

この記事を読んで、一度復習したいと思った方は、この機会にもう一度ざっと見ておいても良いかもしれません。また、意外に父親は母子手帳をちゃんと読む機会が無いので、見せてもらうと非常に勉強になります。

その上で、特に気になる情報に関しては上記のガイドを手元においておくのが良いかと思います。

この記事を作るにあたって、結構色々な医学会・学会サイトを見たのですが、一般向けの分かりやすい情報があっても、十分に広まっていないことを実感しました。これは非常にもったいないことです。もし他にも「こんな信頼できる&役立つ医療情報があるぞ!」という方は、是非周りの人達とシェアしてください。(できれば、私にも教えて下さい。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクタスの最新情報をお届けします

Twitterでイクタスをフォローしよう!

スポンサードリンク

この記事を書いた人

としみつ
都内在住の父親1年生。5月で娘が1歳になります。 あやすつもりでやっていたポイスパーカッションを、娘がマネし始めました。おっぱいは出ません。

コメント欄

  関連記事

地方移住ってどうなの?地方在住の私が感じた田舎と都会の子育ての大きな違い

政府は東京一極集中の是正に向けた地方創生の目玉策として、高齢者の地方移住を推進す …

About

もっと子育てをしやすく。
もっと子育てを身近に。
毎日の育児にプラスを。

核家族化が進む現代において、「社会みんなで子供を育てていく」、そんな感覚があれば、もっと子育てがしやすくなるんじゃないか。
そんな社会を目指して、このブログメディアをつくりました。

子育てを「子育て世帯だけのもの」にせず、もっと身近なものにするべく、心を動かす記事を書いていきます。