IKU+(イクタス)

パパ・ママたちによる、毎日の育児に+[プラス]を与えるブログメディア「イクタス」

結婚はデメリットだけじゃない。子育ては人生を二度味わえる、鍋の雑炊のようだ。

   






結婚 デメリット 子育て

先日、はあちゅうさんの結婚のデメリットは山盛り!?はあちゅうのおひとりさま結婚論が話題になり、そしてそれに対するアンサー記事としてやまもといちろうさんの結婚のデメリットをはあちゅう女史は語り、私はデメリットを愛して生きる、西村くんの結婚とは、人生最大のリスクである。記事が続々と回答されました。

はあちゅうさんは「結婚したら負け」と言いながらデメリットを多く語るのですが、そもそも結婚するメリットが少なすぎるとおっしゃるんですね。

それに対して既婚で子供もいる世帯のやまもと氏と西村くんが、「結婚っていいよ、子供を持って、自分のためだけでなく、誰かのために、つまり愛する家族と一緒に人生を歩んでいくこともすごくいいんだよ」、とか「結婚のために諦めるものもあったよ」、というアンサーが寄せられたんですね。

スポンサードリンク

はあちゅうさんの気持ちはすごくわかる

たしかに、はあちゅうさんの気持ちはものすごーくわかります。私も結婚前はそうでした。

私は子供ができて結婚したタチですが、ほんと今でも、子供がいなければなぜ結婚するのかがわかりません。(いやまじで)

夫に怒られそうですが、当時バリキャリ志向だった私は、「結婚なんていつぞや、なぜするのかわからない。付き合う期間が長いと結婚すればいいのか?タイミングは?いつか子供は欲しいけれどそれは今じゃない」みたいに思ってました。

自分だけの人生が、別の人間と歩むことになる不自由や、うまくいかなかったときのリスクを考えると、デメリットしかないですよ。

スポンサードリンク

人間を育てるって、すごい。

独身時代に頭で考えるだけだと、たぶんそうやってデメリットばかり浮かんでくるんじゃないかなーと。

こちらのエントリでも書きましたが、子育てってしんどいときはしんどいです。自分の時間もなくなるし。

でも、実際、結婚して、子供をもうけて、ひとりの人間を育てるって、すごいですよ。

ここで私は、いい、悪い、ということを言いたいのではありません。単純に、ひとりの人間を命がけで産んで、責任を持って育てるって、ほんと壮大すぎてすごいということが言いたい。

独身時代には絶対に気付けなかった、いや気付く余地もなかった観点が生まれてくるんです。

たとえば、小さなことでいうと、子連れでベビーカーで電車に乗るとき、どこにエレベーターがあるのかということを常に考えながら移動するし、子連れでお出かけしても、次いつどのタイミングでおむつを替えようかとか、とにかく色んな事を考えながら生きるようになる。

ベビーシート付きのトイレがトイレ内にひとつしかなかったとして、そこは子連れ用だから入らないでおこうとか、エレベーターはベビーカーや車いすの人が優先だからそのスペースを空けるためになるべく階段を使うとか・・・。

独身時代に、そんなこと、気付けていなかったんじゃないか、周囲の人に失礼なことをしていたんじゃないかと、今でもすごい思います。

人生は一度きり?いや、二度味わえる

でも、そうやって1年と2ヶ月、子育てをしていると、気付くことができるのはそれだけではありません。

「子供ってこんなに泣いて寝なくて、でも立ちながら抱っこしたら泣き止む・・・えぇ・・めっちゃしんどいやん・・なにこれ・・・!」
「教えてもいないのに、母乳をこんなに一生懸命吸えるなんて・・・いのちってすごい・・・!」みたいな、

ああ、自分ってこんなふうに親に育ててもらったんだ・・・!

という感動が味わえます。

自分の記憶のない人生を、親という別の立場でまた一緒に歩むことができるんです。

こんな体験って子育て以外にできるんでしょうか。人生をもう1回、別の立場で、パートナーと、自分が命がけで産んだ子供と一緒に歩めるんですよ。

それはまるで、鍋における雑炊のよう。なくてもいいけれど、あったら鍋の味も二度味わえるんですよね。

はじめの具は思いっきり楽しんで食べて。もちろんそれで終わりでもいいけれど、また別にご飯を入れて薬味を入れて、お腹いっぱいになってもいい。

人生は子育てで2度美味しくなる。そう、雑炊のようにね。by 注目の若手クリエイター・しもつくんより。

最後に、1年以上前に自分がつぶやいたツイートをもって、シメたいと思います。

おしまーい!まなしばでした。

※この記事はしもつくんらふらくのタクスズキくんたじまくんと私でキムチ鍋の会合をしたことによりうまれました。しもつくんの名言に敬意を込めて。

結婚はデメリットだけじゃない。子育ては人生を二度味わえる、鍋の雑炊のようだ。―ままはっくより転載

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクタスの最新情報をお届けします

Twitterでイクタスをフォローしよう!

スポンサードリンク

この記事を書いた人

育児ブロガーのまなしばです。子育てについて思うことを発信して社会を変えたいと思っています。

コメント欄

  関連記事

子育てがしんどい本当の理由。私が育児ストレスを抱えた4つの原因と解消法

「あかんもうあかん、しんどい、疲れた・・・」 そう言って夜中に私は夫に訴えて泣き …

子育て 楽しい
【子育て楽しい】子どもを産んだら、知らない人との会話が増えたよ

現在9か月の息子を子育て中のあゆみです。 結婚して、これから子どもがほしいな、で …

さあ、結婚をメリット・デメリットで考える時代を終わらせよう

結婚のデメリットは山盛り!?はあちゅうのおひとりさま結婚論が話題となった昨今。 …

子供が「ママじゃなきゃダメ」になるのは、産まれてすぐの環境のせい

こんにちは、早と書いてSAKIといいます。 1歳になった娘を育てながら自宅で自営 …

親がどう見られているか?思っている以上に子供に影響しているよ、という話

こんにちは。COCOです。 東北地方は先日地震があり、怖い思いをしました。 親の …

初めて出産を迎える妊婦さんへ。ゆっくりできる今のうちに寝ておこう

現在、0歳7ヶ月の息子を子育て中の新米ママです。 これから初めての出産を迎える妊 …

ママへ。出産後は色んな人に色んな事を言われるけれど、アドバイスは取捨選択しよう

初めましてこんにちは!COCOと申します。 フルタイムで働きながら2人の子供を育 …

育児 出遅れ
子供の“ママ好き、パパ好き”はころころ変わるから、育児に「出遅れた」とかはない

こんにちは、まなしばです。現在私は1歳4ヶ月の娘がおり、夫婦で半年間一緒に育休を …

結婚
【独身者へ贈る】経営者の妻から見て結婚して変わったこと(妻編)

こんにちは、都内某IT企業勤務の二児のママです。現在第二子が産まれ、育児休暇中で …

保育園 探し
説明しよう。子供を保育園に入れるのはどれくらい大変だったか?

「保育園入れた!よかった〜。」 「不承諾通知が届いた。どうしよう・・」 2015 …

About

もっと子育てをしやすく。
もっと子育てを身近に。
毎日の育児にプラスを。

核家族化が進む現代において、「社会みんなで子供を育てていく」、そんな感覚があれば、もっと子育てがしやすくなるんじゃないか。
そんな社会を目指して、このブログメディアをつくりました。

子育てを「子育て世帯だけのもの」にせず、もっと身近なものにするべく、心を動かす記事を書いていきます。